老人の話

日本ブログ村

無料ブログはココログ

« 国家公務員に対する安倍首相の訓示について | トップページ | 映画の思い出(穢れなき悪戯) »

2018年6月15日 (金)

藤井聡太七段、AI を超える

201865日、竜王戦第五組決勝で、藤井聡太七段は石田五段と対局しまして、96手で勝利しました。


その対局の終盤で、複数のAI(将棋ソフト)が悪手とする一手を選択しただけでなく、その後に相手陣に攻め込んで「76手目」に最強の駒である飛車を最弱の歩と交換するという形で、飛車を切り捨てるという、「 AI超えの一手 」を披露しました。


この「 飛車切り 」はAI(将棋ソフト)は事前に指示することはなく、飛車が逃げることを推奨していました。


ところが、この「 飛車切り 」は「 最善手 」でありしかも勝負を決定する「 一手 」でした。


それを、複数のAI(将棋ソフト)は「 見逃し 」ていて、藤井七段が指し終わって10秒ほど時間が過ぎたころそれが「 最善手である 」と「 反省 」したという動画がありました。


これは、後日、藤井七段がいったように、「 人間はその置かれた状況によって手を選ぶ 」のであり、AIは、敵の「 王将 」に迫る方法を多くの過去の棋士が「 人情 」も含めて残した棋譜のデーターを人間から入力され、あとはディープラーニングなどで発展させ、それを未来予想に使った結果であり、しかも哀しいことに、人間ではないため、そのデーターが人間の「 人情 」が混じったものか否かを哲学することが出来ない結果、「 見逃した 」と思います。


複数のAI(将棋ソフト)が「 悪手 」と認定したり、「 飛車切り 」を知らなかったのは、入力されたデーターには悪手や飛車は最強などという「 人情 」が既に含まれていたからだと思います。


コンピューターは人間ではなく、「 人情 」も無視し、時には非人間的な指示もしますが、今回は、そもそも入力されたデーターが「 人情 」を含んでいるため、人間的な判断をしたのでしょう。


それに、万物は流転するといわれる、「 置かれた状況 」によっては「 一歩千金 」という格言がありますように、最強といわれる飛車も最弱といわれる歩と同様の「 働き 」しかしない場合があったり、最弱の歩が王将を守る「 金 」と同様の働きをする場合もあるのであって、「 ここで飛車を捨てても勝てる 」という深い読みがあってこそ、「 飛車切り 」が出来るのであると思います。


AIは、入力された「 人情 」が混じったデーターで判断したため、その手が発見できなかったのかも知れません。

 


私の考えは、「 将棋は格闘技 」でも書きましたが、「 最善手 」は、「 人情 」が混じらない将棋の駒の自然事象の「 必然 」の流れに従って指すことであり、それは、推理や経験によらない直観により得られた道筋、いわば「 目的地への地図 」のような「 空間的意識 」であり、論理の積み重ねという時間意識の領域の外にあるものであり、それに従って指す手が「 最善手 」なのであると思います。


AI(将棋ソフト)は人間ではないので、時間意識は処理速度で縮めることが出来ても、人間ゆえに持っている「 空間意識 」(これは、同時に危険を察知する)は持っていないから、AIの最善手は論理上の一手であり、本当に未来を「 読む 」ことでなく、今までの棋士だったらこれが最善手だという確率に過ぎないのであると思います。


これで、藤井七段が、勝負への蓋然性より、もっと精度がよい直観に従って、竜王へ挑戦する闘いの場に登場したことになります。


これから誰に負けるか注目してゆきたいと思います。

 

« 国家公務員に対する安倍首相の訓示について | トップページ | 映画の思い出(穢れなき悪戯) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31