老人の話

日本ブログ村

無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月19日 (木)

公務員は公務員、政治家は政治家

 

今日、セクハラ疑惑の福田淳一財務次官が辞職を表明した。

 

財務大臣の麻生氏は、彼を庇って「 被害にあった女性がわからないと、真相の究明が出来ない 」と言い、財務省も、弁護士もつけてやっているから、名乗り出て、調査に協力してほしい 」などと言っていたが、朝日テレビが、当社の女性記者が被害を受けていたと表明し、今日の辞任につながったと思われる。

 

男性は、財務省に勤める公務員のトップであるのに対し、女性は、彼らから情報を貰う女性記者である。

 

一方が強い力を持っているだろうことは、推測され、彼女は、最近、頻繁に続出する「 不祥事 」についての財務次官の見解を質問したのだろう。

 

私は、福田淳一財務次官が性欲を発散するために前述の行為をしたとは思わなくて、それらの情報はマスコミに流すことは「 森友学園問題 」や「 加計学園問題 」への財務省と政治家の関わりが、国民に知れると、安倍政権に影響すると、「 高度の判断 」の結果、話をしたくないことを知らせるため、女性記者への「 セクハラ 」まがいの行動に出たのだろうと思う。

 

しかし、その後、「 性的ないやがらせ 」とも取れる福田氏との会話を録音した音声データーを女性記者が提出して、辞任を覚悟したのだろう。

 

 

前にも書いたが、元地方公務員であったころ、「 記憶の限りでは 」次のようなことを教えられた。

 

A 公務員は全体の奉仕者であって、一部の者の奉仕者ではない

B 憲法はじめとする法律の順守

C 上司(上官)の違法な命令は、良心をもって従ってはならない

 

 

これに似たことは、公務員一般の職場で教えられると思う。

 

財務省には国家公務員上級試験をパスした、有名大学のエリートたちの集まりだから、こんなことは教えられなくても身についていると思われる。

 

安倍政権への影響を考慮して、情報を漏らさないことは、自民党を選んだ多くの国民のためだから、A)に該当する行為をしていると思うかもしれないが、あなた方の「 給料 」は全国民の税金で賄われている。

 

自民党を支持する人だけの為であるから、A)であるとは言えないと思う。

 

もしも情報を洩らすことが、公務員の守秘義務に反すると思うのなら、はっきりと相手に伝え「 セクハラ 」まがいの行為で、話をうやむやにするのはB)を順守する態度ではないであろう。

 

政権への影響を考えることが「 忖度(そんたく) 」ならば、公務員が国家の中枢の国会議員に対しては許されると、憲法のどこに書いてあるのか。

 

忖度(そんたく)が許されるのは民間人だろうが、政治家も憲法上では特別公務員だが内実は民間人だから、閣僚同士はそれができ、友達のためのすることも許されるのかも知れないが、公務員の部下に「 忖度(そんたく) 」させるような人物は中国の宦官(かんがん)をかかえる宰相のようなもので、国家行政のトップである「 内閣総理大臣 」には、その資質も品格も欠けると思う。

 

そんな人物を、その地位に据える自民党の中に、総理に相応しい人物がいないか、あるいは、代わっても同じ事をする人たちばかりなのだろう。

 

それが出来るようにするのが「 憲法改正 」なのか?

 

安倍氏は国家公務員上級試験をパスしていないから、そんな条文が記載されることも、彼の行動から判断すれば、あり得ないことではない。

 

 

 

では、公務員が、なぜ忖度(そんたく)するか?

 

私の経験からは、退職が近い上級公務員は、明日の暮らしの糧を「 天下り先 」に期待するしか能力がないから、それを左右する政治家に「 忖度(そんたく) 」し、自分の評価の点数を稼ぐのではないかと思う。

 

民間とは違い、公務員は「 複職を禁じられている 」から、年金しかあてには出来ず、子の為、妻の為、「 天下り先 」に頼ざるを得ないのが実情ではないだろうか?

 

福田氏の行為はA)にも違反し、B)にも違反していると思う。

 

では、C)の行為をした人が居ないのかと考えると、朝日テレビの女性記者が、公務員の代わりにしたのではないかと思う。

 

防衛省が「 不存在である 」と言ったイラクの日報が、存在していたことから推測して、財務省が弁護士を付けるといっても、名前ぐらいは、財務省に知られるだろう。

 

それから生じる不利益を覚悟して、財務省事務長がセクハラをしたと、朝日テレビに名乗り出たのだから。

 

「 ならぬものは、ならんのです 」と、違法なものは違法だと、自分の名前を晒して政府に真偽を調べさせようとしたのだから。

 

こうみてくると、国家公務員上級職のトップが、公務員としては為してはならぬことをし、公務員として為すべきことを民間人がしたと思いたくなる。

 

Webで調べると、自民党でも、ロッキード事件の田中や密約を交わして沖縄を返還させた佐藤のずっと前、石橋湛山のように、アメリカに嫌われながらも中国やソビエトとの国交正常化に尽くしたり、国民皆保険を目指し福祉国家を目指して「 閣議決定 」した政治家もいます。

 

(その後、日本を反共の砦とするためアメリカが望んでいた岸が首相になり、その家系に安倍晋三がいる)

 

そして、今や、政治家は「 シロをクロ 」にしたり、政治資金規正法で領収書の改ざんをやったり、妻子ある弁護士とホテルの一室に泊まりこんで「 政策 」の勉強する女性国会議員もいたり、妻が妊娠している間に「 浮気 」をする人や、妻がありながらハワイへ行って愛人と「 結婚式 」の写真を撮ったりするのは「 普通 」のことになっている。

 

ここでは、政治家は、特別公務員で給料を税金で贖われながら、本来の民間人の本領を発揮して、自分の欲するままに行為をしている。

 

 

だけど、公務員は、その政治家を真似て、公務において同じような行為をすべきではない。

 

国家公務員上級試験をパスして、エリートと言われる財務省の職員になったのは、将来は政治家のように、私利私欲を満たす為ではないでしょ?

 

もし、そうであるなら、即刻、公務員をやめて、岸を家系に持つ安倍とは違う、岸の前の首相だった石橋湛山のような、真面目な、政治家と称賛されるような政治家になりなさい。

 

早いほうが良いですよ。

 

税金も無駄にはならず、優秀な頭脳を持つという特色を持っている人ですから、すぐに仕事を覚えるでしょうから、民間には「 引く手あまた 」だと思いますよ。

 

2018年4月17日 (火)

国家公務員上級試験合格者は「 認知症 」?

 

安倍氏は、病気の際、「 下の世話 」を施してくれた安倍昭恵夫人と離婚してまでも、憲法改正(特に自衛隊)をしたいそうだから、今度の不祥事は目をつぶってやろうかと思っていたが、「 森友学園問題 」や「 加計学園問題 」に続き、福田事務次官(財務省)のセクシュアル・ハラスメントをテレビで視聴して、元地方公務員の無趣味の退職者として、国家公務員の上級試験にパスし、財務省に勤務している公務員が、いかに「 公務員倫理 」に反した行動をとり、そのトップは誰なのかに大変興味を持った。

 

私が地方公務員を退職してもうすぐ十年も経つから、今は公務員にどんな教育がされているのか知らない。

私は当時、次のようなことを教えられたことを思い出す。

 

A 公務員は全体の奉仕者であって、一部の者の奉仕者ではない

B 憲法はじめとする法律の順守

C 上司(上官)の違法な命令は、良心をもって従ってはならない

 

 

もちろん、「 忖度(そんたく)が必要だ 」など、教えられないし聞くこともないし、相手が地方議会議員であろうと、クレーマーであろうとなかろうと、普通に事務処理をしていたものだった。

 

公務員が、こんな便利な{ 忖度(そんたく) }が出来ると知っておれば、もっとスムーズに上司などの人の目を気にすることなく、愉快に公務員生活を送れたであろうと思う。

 

「 強いものに、媚びへつらうこと 」が「 忖度 」であろうが、民間ではあり得ても、公務のしかも国家の中枢機関で行われていたとは、恥ずかしながら今になって知った。

 

 

 

安倍政権のもとでの不祥事を少し考えてみた。

 

 

1、「 森友学園問題 」では、A)にもB)にもC)にも抵触するだろう。

 

ネットによれば、安倍昭恵夫人が問題の国有地を「 いい土地ですね 」と語り、学園を訪問した際に感動して泣いたなどと紹介した国有地を安価で買った籠池氏A)の発言を決済文書から削除して改ざんした責任者の国税庁長官B)

彼は、喚問された国会で、部下の責任とした。

 

C)に従いたいが出来なかったのが、自宅で首を吊って自殺した、大阪理財局の職員であるだろう。

 

改ざんは、理財局で書き換えが行われ、件数は14の決裁書に及び」、200箇所を超えるともいわれ、削除されたのは中山成彬衆議院議員ら数名の政治家と、安倍昭恵夫人の名。

 

安倍晋三首相の名前も、「 日本会議国会議員懇談機福会長 」として記載されていたという。

 

後日、ゴミの撤去と搬送が、いかにも事実であるかのように、財務省の官僚から、何台ものトラックが走ったというように指示があったというB)

大阪国税庁が事実と反するといって断ったのは正解だと思う。

 

国家公務員の上級職にあるこれらの官僚たちは、「 杉原千畝(すぎはら ちうね)」さんぐらい知っているだろう。

 

「 上級試験に出題されないから知らない 」のか!

 

外務省からの訓令に反して、大量のビザ(通過査証)を発給し、6000人のも及ぶ難民の命を救った人だ。

 

これが、C)だ。

 

政治家の顔色を伺い行動する官僚には「 良心 」などは無関心で、中国の宦官(かんがん)に似たような者だから、期待するのは無理かも知れない。

 

 

国家公務員の上級職の連中は、地方公務員の「 お役人 」より、精神的に不潔で劣っているのかもしれない。

 

2、「 加計学園問題 」

 

 

ネットを見れば詳しい状況は分かると思うが、文部省事務次官の前川氏が言っていたように「 総理のご意向 」があったことが、複数の箇所から疑われる。

 

ネットによれば、201542日、愛媛県や今治市の職員、加計学園幹部と、当時の柳瀬唯夫総理秘書官と内閣府の藤原地方創生推進室次長と面談し、担当職員が「 備忘録 」として記録した中に、柳瀬秘書官の「 本件は、首相案件 」などという発言があり、当時の柳瀬唯夫総理秘書官は国会で「 会った記憶はない 」と答弁したが、愛媛県知事が会見を開き、「 県庁職員は真面目な職員、しっかりと、報告のために記述したものであることは間違いない 」と明言した。

ネットによると、朝日新聞デジタルは、愛媛県知事が認めた「 備忘録 」の内容を公開した。

その内容は………

(加敬学園から、先日安倍総理と同学園理事長が会食した際に、下村文科大臣が加計学園は課題への回答もなくけしからんといっているとの発言があったことであり、その対応策について意見を求めたところ、今後、策定する国家戦略特区の提案書と併せて課題への取組状況を整理して、文科省に説明するのがよいとの助言があった)

 

これがA)違反。

 

その後、安倍首相は

 

「 何か確証もつかずにこの国会の場において何か問題があったかのごとく、私と彼が会食、彼は私の友人ですよ。ですから会食もします。ゴルフもします。でも、彼から私、頼まれたことありませんよ。この問題について。ですから、働きかけていません。これはっきりと申し上げておきます」

 

しかし、愛媛県職員の「 備忘録 」によれば、加計理事長に獣医学部新設をめぐる下村文科相の動きを伝え、文科省対策をアドバイスしていた。

 

その「 首相案件 」の文書は、愛媛県職員だけでなく、獣医学部新設に反対の農水省で大筋が同じ内容の文書が見つかったと農林水産相が発表した。

 

 

 

これが、B)の違反ではないであろうが、首相としての品位や品格が劣るものの行動だろう。

 

 

 

私が思うのは、獣医学部の新設に反対する文科省や農水省を「 黙らす 」ために、「 首相案件 」なる言葉を戦争中の「 天皇陛下 」のように、使って私欲を遂げたのだろう。

 

内閣府は行政機関といっても、中にいるのは政治家や政治家を忖度する息のかかった職員しかいないだろうから、柳瀬なる男も{宦官(かんがん)}のように、政治家の顔色を伺い、「 善かれ 」と思って、地方の公務員に、私欲遂行の処理をさせたのだろう。

 

民間なら許されることかもしれないが、公務では、やってはならぬことだと、公務員試験を受けていないから、理解できないのだろう。

 

3、自衛隊のイラク日報の隠避

 

 

 

女性登用で、防衛大臣に稲田明美を任命したのはいいが、この人は、小泉内閣の郵政解散の時に、安倍晋三幹事長の目にとまり、政治家にスカウトされた。

 

稲田氏は、南スーダンPKO日報員隠蔽問題の責任により辞職したが、「 日報はすでに廃棄しており不存在 」の筈の日報が、「 情報公開制度 」により、日の目を見たが、そこには「 戦闘 」の文字が躍っており、政府がいう「 自衛隊が活動する首都のジュバ市内は比較的安定している 」とは正反対で、まさしく「 戦闘地帯 」に自衛隊を送り込んでいて、PKO法のも憲法にも違反している。

 

ットでは、防衛省の「 ずさんな文書管理 」としているが、実際は「 森友学園問題 」と同様、政権に都合が悪いから、防衛省に圧力が加わったのだろう。

 

圧力をかけたのは誰か?

 

それは、外国には「 良い顔 」をする安倍晋三が、自らスカウトした女性の稲田明美議員に圧力をかけたのは、「森友問題 」からも推測することができる。

 

4、共通するもの

 

 

これら不祥事に共通して言えることは、国家公務員の上級試験合格者は、「 記憶力が弱く 」、すぐに忘れる。

短期記憶を持てない「 認知症 」が多いことだ。

 

 

もしそれが「 高度な政治的判断 」であるならば、国民のためではなく、特定の個人への判断であり、国民を裏切り、故意の情報を隠匿し、自分の私利私欲のために、「 知らんぷり 」をすることで、どこかの国のように、「 賄賂 」は要求しないまでも、情報を賄賂代わりにして、浮世を渡る遊び人で、即刻、懲戒免職すべきだろう。

 

それをしないのは、安倍氏の「 お情け 」ではなく、自分も私利私欲のために公務員を利用しているから、あるいは、忖度が上手な上級国家職員を「 信頼 」するからであろう。

 

いずれにしても、安倍という人間が、原発問題で進展がないことや、自分の言葉とは正反対の行為をするのは「 民意 」をまったく考慮しない、戦犯の岸を先祖に持つ家系ゆずりの気分屋さんなのだろう。

 

 

これでは、「 政治家としての信条 」が泣くのではないか?

 

安倍ちゃん、あなた、ホントに「 政治家 」?

 

こんな人が、憲法改正だって???

 

笑わせるな!

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31