老人の話

日本ブログ村

無料ブログはココログ

« 書を捨てよ自分で考えよう 4 「誕生から死後までの意識」に於ける課題とそれに対する私の解釈 | トップページ | 「藤井聡太 新たなる伝説」の購入 »

2018年2月19日 (月)

2018年2月17日、藤井聡太、11回朝日杯優勝し、六段になる

おめでとう、藤井聡太さん。
何か書こうと思いましたが、Wikipedia が詳しいので止めます。
2018年2月17日、藤井聡太、11回朝日杯で優勝し、規定により六段になるとだけ書きます。
彼が住む瀬戸市や彼が通う杉本七段の道場や彼が飲食した街と私の住所は近いので、なんとなく親近感があります。
2月17日は土曜日でしたので、インターネットテレビ(abematv)で、始めから終わりまで観戦しました。
 
14歳2カ月でプロ棋士四段としてデビューし、15歳6カ月の公式戦で、同じ中学生プロ棋士になり天才と言われる羽生永世七冠を破り、中学生初の六段に昇段するなど、漫画でも描かれないほどの昇進で(漫画にするとウソになる)、天才と言われるのも当然です。
 
一年ほど前、非公式戦が終わったとき、国民栄誉賞を取られた羽生永世七冠が「 凄い人が現れた 」と言ったのも、このことを予知していたのかも知れません。
(藤井VS羽生は、非公式戦で1勝1敗)
 
 
「 歩はいつか金になり飛車はやがて龍になる 」
 
彼は「 歩 」ではなくて「 飛車 」であり、いまにも「 龍 」になりそうだということが、分かった日でした。
 
その日、名鉄新瀬戸駅で配られていた、地元、中日新聞の「 号外 」を手に入れましたので、披露します。
P1010845
P1010848
横向きでごめんなさい。
上が表で、下が裏です。
………………………………………………………
 
 
 
藤井聡太 Wikipedia
        ↓
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/藤井聡太

« 書を捨てよ自分で考えよう 4 「誕生から死後までの意識」に於ける課題とそれに対する私の解釈 | トップページ | 「藤井聡太 新たなる伝説」の購入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30