老人の話

日本ブログ村

無料ブログはココログ

« 時を超える二人の美女 | トップページ | 書を捨てよ 自分で考えよう 3 »

2018年1月26日 (金)

書を捨てよ 自分で考えよう 2

私が、なぜ「 書を捨てよ 自分で考えよう 」というのか?
書、つまり本を読むことは、「誕生から死後までの意識」」で書いたように、本に書かれているのは、その本の著者の可能性であり、死んだ可能性であり、その本で勉強するのは、その人の死んだ可能性を自分の可能性に生かすことであり、それが済んだら書、つまり本を捨てなさいということです。
なぜ捨てるのか?
それは、「誕生から死後までの意識」で書いたように、あなたが直面する現実は、万物は流転するから、状況はすでに変化してしまっていて、しかも本に書かれている「因果」は、その著者が捕らえた「因果関係」であり、その人だけの「因果関係」で、再びあなたが「因果関係」を捉えなおし、本に書かれている「物語」を変更しないと、現実には使えないと思うからです。
歴史書を読めばわかるように、著者に都合の良い所を取り出して「物語 」を書くために、事実から反したことがいっぱいあります。
そんな書、つまり本を、あなたは信じて、後生大事に保管するのですか?
子孫に残すことも必要でしょうが、事実に反した書を読んだ子孫は事実から目を離すかもしれません。
だから、「 書を捨てよ 」というのです。

「 自分で考えよう 」というのは、「 誕生から死後までの意識」で書いたように、人間は考える葦であり、自分で創造することが、「 自分が生きる 」ことなのです。

どのような本をコレクションとして持っている、とか、どのような大学を卒業したかなどは、お金持ちの証明であっても、人間としての人格を持ったという証明ではないことは、「 今の政治家の行為 」を見れば良く分かると思います。
高学歴の政治家の不倫や汚職のスキャンダルなど、その人の学歴と行為が如何に違うものかは、あなたも分かるでしょう。

 
同類ならば、分からないかも知れませんが。
 
 
 

« 時を超える二人の美女 | トップページ | 書を捨てよ 自分で考えよう 3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31