老人の話

日本ブログ村

無料ブログはココログ

« 無趣味の退職者 13 無趣味は良いことだ | トップページ | 無趣味の退職者 15 記憶 »

2017年9月 1日 (金)

無趣味の退職者 14 時間

前回、ガリレイへ疑問があると書いたが、その理由である。

AI(人工知能)は、人間の脳を進化させたものだと思うが、AIが知る「 時間 」とは何であろうか?

「 記憶 」も「 意識 」も「 神 」も「 仏 」もそうだ。

これら、人間でもわからない知識を基礎にしたAIが、人間を指導するなんて、ちゃんちゃらおかしい。

ビッグバンが宇宙の誕生とすれば、エネルギーと空間しかなく、時間はないと思う。

「 時間 」は、人間の脳から生まれる意識であり、振り子一つでわかるなんてとんでもない。

重力が違う星では、地球とは違うかも知れない。

「 時刻 」は、地球上はすべて違うから、時計は無意味である。

「 今 」も自分だけにしか存在しない。

「 時間 」は、自分の脳の中で、順序をつけ、「 関係 」を知るための道具であり、人間が生存するための必要悪であり、生理的なリズム(例えば心臓の動き)、であり、個人的であり、そもそも人間はすべて、違った「 時間 」を持っていて、寿命と関係があるかも知れないと、私は思う。

客観的で誰にも同じ「 時間 」なんて、ありゃしない。

あるとした「 ガリレイ」は、科学には貢献したと思うが、彼は「 基本的に 」間違いを犯し、それを、ニュートンやカントなどの物理学者や哲学者が正当化したもんだから、みんな騙されちまった。

そういうわけで、ガリレイは、人間を間違った方向に導き、今になっても、「 時間 」とは何かは、わからない。

« 無趣味の退職者 13 無趣味は良いことだ | トップページ | 無趣味の退職者 15 記憶 »

無趣味の退職者の生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック