老人の話

日本ブログ村

無料ブログはココログ

« 無趣味の退職者 5 私の課題 | トップページ | 無趣味の退職者 7 スマホからガラケーへ »

2017年6月 2日 (金)

無趣味の退職者 6 私の考え

これは、私の考えです。

もし、今、私がガンで、余命があとわずかだと告げられたとします。

その時、趣味を持っているから、ガンの進行が止められるでしょうか?
無趣味だったら、ガンごより早く進行するでしょうか?

いずれも、「 NO }だと思います。

仕事も、お金儲けも、趣味も、「 性 」も人間すべての行為が、「 死 」までの暇つぶしであるか、あるいは「 死 」を恐れて、考えようとしないのだと思います。

仕事や財産や写真や趣味で、「 心 」を形に変えて、社会に残しても、「 死 」は「 あなた 」に訪れるのです。

肉体など物質は「 すべて 」この世に残し「 魂 」という精神的なものしか、あの世に一緒に来てくれません。

「 魂 」は「あなた 」が作り上げたもので、この世に一つしかありません。

それに伴われて「 死んでゆく 」のです。

「 死 」まで残された時間に何をするのかを生んでくれた神がみています。

だから私は、妻子や同僚や世間の人の目を気にして、趣味を作ろうとは思いません。

趣味を持てば、安らかに死んでゆくと思うなら、趣味を持てば良いし、そのほかに「 心が安らぐもの」があれば、死ぬ前に獲得して、一緒にあの世まで連れてゆけば良いと思います。

私も、自分を反省し、断捨離をして、それが何かを発見したいと思います。
 
 

« 無趣味の退職者 5 私の課題 | トップページ | 無趣味の退職者 7 スマホからガラケーへ »

無趣味の退職者の生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック