老人の話

日本ブログ村

無料ブログはココログ

« 無趣味な退職者 2 断捨離の後 | トップページ | 無趣味の退職者 4 問題 »

2017年5月24日 (水)

無趣味な退職者 3 無趣味は恥ではない

私の考えでは、無趣味は決して恥ずかしい事ではないとういうことです。

先日、記述したように、自分が死ぬまで何年、残されているか、そして何をしたいのか、何をすべきなのかを知れば、無趣味などささいな問題です。

断捨離をして、自分の欲望を見つめ直し、このまま、漫然と死を迎えるのか、あるいは、どのような生き方、死に方をするのかが、問題なのです。

人間が行為することは全て「 文化」であり、無趣味とは、社会一般の「趣味 」には該当しない趣味を持っているという事です。

いいかえれば、人はみな趣味を持っているという事です。

上記のような事に気づけば、自分が好きなことをすれば、それが「 あなたの趣味 」なのです。

社会一般の「 趣味 」も、始めは好きな人が行為したのは同じで、ただ、それが多くの人の支持を得ているというだけで、「 あなたが従う必要はありません 」。

「 趣味 」は、死ぬまでの暇つぶしですから、自分の心や体が、リラックスすれば良く、自分が死を迎える時、後悔しなければ、好きな事を続ければ良いと思います。
 

« 無趣味な退職者 2 断捨離の後 | トップページ | 無趣味の退職者 4 問題 »

無趣味の退職者の生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック