老人の話

日本ブログ村

無料ブログはココログ

« 無趣味な退職者 3 無趣味は恥ではない | トップページ | 無趣味の退職者 5 私の課題 »

2017年5月25日 (木)

無趣味の退職者 4 問題

前述しましたように、「 無趣味 」は恥ではありません。
無趣味は社会一般に支持されていないだけ、であり、死ぬまでの暇つぶしである事は、多趣味も無趣味も同じです。

問題は、生きている間に、何をするかです。

自分が、この世で何をするように生まれてきたのか?

何ができるのか?

人間、遺伝子も環境も違いますから、それを発見するのは自分です。

無趣味は、妻子や近所の人たちが心配しますから、「 問題 」あるいは「 課題 」が発見できない間は、趣味の代わりに働くかボランティアも良いでしょう。

大切なことは、趣味や無趣味などではなく、その向こうに「 課題 」があることに気づくことです。

「 課題 」が成就するまで、スポーツ、ウォーキングなどで体を整え、音楽を聴き、絵をかいて、いわゆる趣味を持って、病気にならぬようにすることが大切です。

病気になったら、「 課題 」を達成することはできません。

妻子や近所の声に踊らされて、趣味を持つことが老後ではありません。

時間がありません。

さあ、自分の「 課題 }を果たしましょう。
 

« 無趣味な退職者 3 無趣味は恥ではない | トップページ | 無趣味の退職者 5 私の課題 »

無趣味の退職者の生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック