老人の話

日本ブログ村

無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月22日 (日)

Windows 7 について(使用状況)2

Windows 7 の使い心地の良さは、使ってみないとわからないだろう。

パソコンの機種は、以前、書いたが、Windows 7 は、素晴らしいと思う。

すべてのハードウェアとソフトウェアを、十分に使えるからだ。

Windows XP には、Real Player Plus とGomencoder とで、動画を保存し、iTune で楽しみ、リアルアーケイドでゲームを楽しんでいる。

私は、Real 社から、多くのソフトウェアを買っているが、不満はない。

ハードウェアは、バッファローの1テラバイトのHDDで、動画をFLV形式とMP4形式で保存し、それと同じHDDをもう一台持ち、Windows 7 につないでいる。

それと、可動式のHDDやフラッシュメモリーを持っている。

XP で保存した、FLV形式とMP4形式を、Windows 7へ可動式のHDDで運び、Windows 7 に備えつけのHDDに写すのだ。

Windows 7 には、外付けのDVDを装着し、CyberLinkが入っている。

MP4形式の動画は、iTune で見る方法とCyberLinkで見る方法があり、前者はファイルやフォールダを呼び出す必要があるのに対して、後者は、直接、MP4動画ファイルを見る事が出来て、スピーディである。

これらが、スムーズに可能なのが、Windows 7 である。

買ってみないと解からないと思うが、Windows 7 のメモリーが作りだすパフォーマンスは素晴らしいものである。

2011年5月19日 (木)

windows 7 について(使用状況)1

私が購入したのは、安価な Windows 7 インストール済みのデスクトップ型のパソコンである。

dynabook Qosmio D710/T5BWS で、11万円程度で購入した。

dynabook のWindows XP を主に使い、 Windows 7 を補助的に使っている。

現在の私は、ADSL回線 ではなく「 光回線 」なので、パソコンは、同時に3台まで接続できるから、私の部屋でパソコンを2台使っている。

XP はメモリーを2ギガにしているので、Windows 7を購入する前までは、結構満足していたが、購入後は、 Windows 7 に圧倒されている。

Windows 7 のメモリーは、32ビットの場合、標準で2ギガ、最大で3ギガ、64ビットの場合、最大で8ギガであり、購入の時、すでに4ギガのメモリーが装着されている。

私は32ビットを選んだから、3ギガのメモリーを使っていることになる。

32ビットでも、ウイルススキャンは速い。

XP と同時にスキャンしても、 Windows 7 のほうが速いように思う。

画面の展開、検索、動画、スタートとシャットダウン、その全てに於いて、Windows 7 の処理速度は、 XP より速いと思う。

XP も Windows 7 も、長所を持っている。

これから、感じたことを書いていく予定です。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック