老人の話

日本ブログ村

無料ブログはココログ

« 外付けハードディスクとバックアップ 2 | トップページ | Real Player と i Tunes と GOM ENCODER の活用 2 »

2010年9月 1日 (水)

外付けハードディスクとバックアップ 3

先日、「 1、5テラバイト 」のハードディスクを購入し(Buffalo HD-CBU2)、1,5テラバイトの容量だからと思い、ポータブルHDDのデーターをバックアップしました。

「 1、5テラバイト 」のハードディスク(Buffalo HD-CBU2)は、一定時間、アクセスしないと省電力で、HDDの回転を止めます。

データーも暗号化して保存するから、パソコンの内部でデーターを抱えているより安全だと思います。

なぜなら、HDDが回転していないと、侵入は困難だと思います。

Real Player も、i Tunes も、必要な時、見たいファイルを呼び出して閲覧し、終わったら全部を消去するのです。

パソコンは、「 呼び出すだけ 」で、保存しない。

何も保存してなければ、内部のHDDが壊れても、ウイルスに汚染しても、外部のHDDだけは大丈夫です。

ちょうど、「 クラウド・コンピューター 」のように、データーは、暗号化された外部HDDの中に有るのです。

ボクシングのヒット・アンド・アウエイ戦法のように、離れては打ち、打っては離れるのです。

私は、このように、遊びながらHDDを使っています。

« 外付けハードディスクとバックアップ 2 | トップページ | Real Player と i Tunes と GOM ENCODER の活用 2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック