老人の話

日本ブログ村

無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

外付けハードディスクとバックアップ 2

私も、ついに「 1、5テラバイト 」のハードディスクを購入しました(Buffalo HD-CBU2)。

一つの理由は、高速で、データーをコピーすることが出来る事。

二つ目は、省エネルギー設計で、HDDの回転が休止したとき、電力消費が75%カットされる事。

三つ目は、他のポータブルHDDの製造会社と同じ会社製で、「 Turbo PC 」と「 Turbo Copy  」の機能のため、パソコン全体の実効伝送速度がスピードアップする事。

この三つの理由だが、HDDが自動的に、パソコンをバックアップするから、ついポータブルHDDのバックアップに使ってしまう。

DVDやCDのよるバックアップを推奨するが、「 遊び 」としてのバックアップなら、大容量のHDDでも良いかなと思っている。

2010年8月22日 (日)

Real Player とi Tunes とGOM ENCODER の活用

私は、i Pod を持っていないから、詳しい事は書けない。

私のパソコンは、Windows XP で、「 Real Player 」の有料版(3600円)と「 i Tunes  」(無料)と「 GOM ENCODER 」(2009/11/10、現在4980円)をインストールしている。

動画をダウンロードしてDVDに変換するのは、「 Real Player 」で、ダウンロードしたflv形式を「 GOM ENCODER 」(2009/11/10、現在4980円)で、MP4に変換している。

MP4に変換した動画を、「 i Tunes 」に呼び出して見ている。

「 Real Player 」も「 GOM ENCODER 」も無料版があるらしいから、試してみたらどうだろう。

それと、もう一つ。

「 GOM ENCODER 」を使えば、「 Windows Media Player 」 で録画した、細切れのビデオやムービーを連結して、一連のMP4に変換する事が出来る。

これの良い点は、変換したMP4を、「 Real Player 」で、DVDにして保存する事が出来る事だ。

「 Windows Media Player 」 で録画した、細切れのビデオやムービーの在庫がある人は、連結したビデオを、「 Real Player 」と「 i Tunes 」の両方で見る事ができて、DVDに保存する事も可能である。

2010年8月19日 (木)

外付けハードディスクとReal Player とi Tunes 2

私は、i Pod を持っていないから、詳しい事は書けない。

私のパソコンは、Windows XP で、「 Real Player 」の有料版(3600円)と「 i Tunes  」(無料)と「 GOM ENCODER 」(2009/11/10、現在4980円)をインストールしている。

動画をダウンロードしてDVDに変換するのは、「 Real Player 」で、ダウンロードしたflv形式を「 GOM ENCODER 」(2009/11/10、現在4980円)で、MP4に変換している。

MP4に変換した動画を、「 i Tunes 」に呼び出して見ている。

私は、二つの外付けハードディスクを購入し、「 Real Player 」の有料版(3600円)でダウンロードした動画のファイルと、「 GOM ENCODER 」(2009/11/10、現在4980円)で、MP4に変換した動画を、それぞれに保存している。

(ダウンロードした動画は、ファイルにして、DVDに保存して、バックアップしている)

だから、「 GOM ENCODER 」(2009/11/10、現在4980円)で、MP4に変換した動画を保存したハードディスクから、「 i Tunes 」に呼び出して、「 i Pod 」にコピーする事は容易だろうと思っている。

ただ、「 i Pod 」を購入していないから、本当の事は分からない。

あるいは、「 Real Player  」(有料版)から、直接、「 i Pod 」に変換する事が出来るかもしれないが、わからない。

2010年8月18日 (水)

外付けハードディスクとReal player

私は、バックアップは、DVDかCDという確実な外部記録媒体を利用する事を勧める。

ただ、DVDかCDで保存した場合、それをドライブしなければならない。

その「 ドライブ音 」が気になるから、外付けのハードディスクを利用するのだ。

内臓のハードディスクならば、気にならないので、その延長に外付けのハードディスクを利用する。

動画をダウンロードするのは良いが、内臓ハードディスクが一杯になってパソコンの動作が遅くなるのが気になるから、まずダウンロードした動画を名前をつけたファイルに保存する。

そのファイルをDVDかCDで保存した後に、外付けのハードディスクにコピーする。

動画のファイルをDVDかCDで保存して、外付けのハードディスクにコピーした後、そのファイルを内臓ハードディスクから消去し、「 Real Player 」 からも消去する。

すると、パソコンは軽くなる。

そして、見たい動画のファイルだけ、外付けハードディスクから「 Real Player 」 に呼び出せば、パソコンが軽い状態で、動画を見る事が出来る。

私は、①DVDやCDをドライブする音が嫌いという理由と、②パソコンを軽い状態で使おうと思って、外付けハードディスクを購入した。

買う前に、何をしたいのか考えて購入すべきだと思う。

2010年8月17日 (火)

外付けハードディスクとバックアップ

外付けハードディスクが安価になり、私も購入した。

ネットで調べると、外付けハードディスクを内臓ハードディスクのバックアップに使うという人がいるが、私は、反対である。

私は、外付けハードディスクを、あくまでも、「 遊び 」として使う。

バックアップは、DVDなどの外部記録媒体でするのが安心であると思う。

バックアップしたいなら、「 外付けハードディスクのアプリケーション 」をバックアップする必要がある。

なぜなら、USBや外付けハードディスクを狙うコンピューターウイルスに感染した場合、外付けハードディスクを初期化しなければならず、アプリケーションも消えて、メーカーのホ-ムページから、ダウンロードする事になり、迷惑をかけるからだ。

私は、二台のポータブルの外付けハードディスクのアプリケーションを、それぞれファイルにして、CDに保存している。

DVDやCDなどが、一番安全なバックアップ方法だと考えるから、わたしは、頻繁に保存している。

「 安価だという理由で購入するのではなく、自分の目的に適合する外付けハードディスクを買うべきだろう 」

私のパソコンは、ノート型であり、持ち運びが可能であるように、「 無線ラン 」である。

その理由で、ポータブルを買ったが、保存が目的なら、据え置きタイプを買っただろう。

私の外付けハードディスクは、USBに接続するが、USBの増設には、電源も配慮した増設をしている。

これは、私だけの問題かもしれないが、接続用と電源用の二つの差込みでUSBの接続口を二つ使い、四個のUSB接続可能にして、外付けハードディスクを接続している。

以上、値段より自分の使用目的を考えて、購入したほうが良いと思う。

2010年8月14日 (土)

外付けハードディスクの購入

ちょつと遅かったかも知れませんが、外付けハードディスクを購入しました。

一万円で、一テラバイトのハードディスクを買えますが、私は、ノートパソコン用の500ギガバイトのハードディスクを購入しました。

USBに繋いで持ち運びが可能なので、喜んでいます。

いままで、パソコンのハードディスクの保存したものを、外付けのハードディスクに移動させた後、パソコンで保存したものを消去するので、パソコンの処理能力が増します。

しかし、外付けのハードディスクに保存しても、DVDなど、外部記録メディアに保存したほうが良いでしょう。

外付けのハードディスクは、「 遊び 」の感覚で使用し、大切なものは、外部記録メディアに保存します。

都合が良いのは、「 動画 」です。

私は、ReaL Player で、動画をダウンロードして見ますが、ダウンロードしたものを「名前を付けたファイル」に保存します。

そのファイルを、DVDで保存しますが、同時に外付けのハードディスクで保存します。

そして、ダウンロードしたものを消しますと、ReaL Player では見れませんので、全部を消去します。

そして、見たいファイルだけを、外付けのハードディスクから、ReaL Player で呼び出して見るのです。

すると、いつも軽いパソコンが実現し、一杯になったから初期化する必要は無くなります。

これが、良い点であると思います。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年9月 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック