老人の話

日本ブログ村

無料ブログはココログ

« 22、精神力でやめようとするな(私の考え) | トップページ | 24, とり返しがつかない「ちょっと一本」の油断 »

2009年9月13日 (日)

23、減煙は禁煙よりずっと難しい

喫煙者が、「 心の奥にひそむ不吉な黒い影 」を感じた時、まず考えるのが、「 減煙 」だと思います。

これは、誰でも考える事ですが、「 減煙 」を続ける事は、非常に難しく、「 減煙 」で問題が解決する人は、意志も強くて、ニコチン中毒でない、幸せな人だと思います。

アレン・カー氏は、「 ①減煙すると、ますますタバコが吸いたくなる ②ニコチン中毒症に減煙は効果が無い 」というタイトルで、詳しく書いています。

興味がある人は、「 禁煙セラピー 」を読んでください。

アレン・カー氏は、「 減煙 」について詳しく書いているのは、彼が、「 減煙 」で、失敗したからかも知れません。

それほど、面白く書いていますので読んでください。

ニコチン中毒は、ニコチンを常に必要として、ニコチンによって生かされている人だと思います。

神仏ではなく、ニコチンによって生かされているのです。

私の経験では、ニコチンの為なら、借金したり、家財道具を売って、タバコを買います。

そんな、ニコチン依存症の人が、一日を、タバコ一箱で、暮らしていけると思いますか?

「 タバコ自身が生みだす恒常的不安感 」で書いたように、ニコチン中毒者は、タバコの箱に数本しか残っていない時は、気が狂ったように、タバコの自動販売機に向かいます。

それほど、ニコチンの力は、強いのです。

ニコチン中毒者が、「 減煙 」を誓うなどは、「 嘘 」です。

タバコをやめた方が良いですよ。

禁煙した方が、楽で、楽しいですよ。

タバコは、麻薬です。

タバコは、ゆっくりと、確実に、精神を破壊して、自信を喪失させます。

これは、事実なのです。

« 22、精神力でやめようとするな(私の考え) | トップページ | 24, とり返しがつかない「ちょっと一本」の油断 »

禁煙セラピーの感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 22、精神力でやめようとするな(私の考え) | トップページ | 24, とり返しがつかない「ちょっと一本」の油断 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック