老人の話

日本ブログ村

無料ブログはココログ

« 2, なぜこんなにやさしく禁煙できるのか | トップページ | 2、なぜこんなにやさしく禁煙できるのか ③ »

2009年7月19日 (日)

2、なぜこんなにやさしく禁煙できるのか ②

アレン・カー氏は、「①、今吸っているタバコを消した瞬間、あなたはタバコをやめたことになります。……(省略)……しかし、問題は二日目であり、10日目であり、一万日目です。意志が弱くなった瞬間、酔った弾みに、ちょっと一本吸ってしまいます。……こうして、喫煙者に逆戻りするのです」と書いています。

私は、もしどうしても一本、吸いたい場合は、吸っても構いません。 その次から、決して吸わなければ良いのです。

一本、吸ったら喫煙者というのは、間違いです。

禁煙を続ける事は辛いですが、禁煙を続けるほど、逆戻りはしません。

要は、身体全体が、「喫煙者」なのか「禁煙者」なのかです。

禁煙を続けていれば、身体が「禁煙者」ですから、すぐ禁煙のサイドに移ります。

一本吸ったら、禁煙者に戻る事は可能です。

問題は、本当に禁煙をするかどうかの決意が有るか無いかです。

ただ、記念日に、ちょっと一服という気持ちになりますが、それから続く禁煙の事を考えると、一服をしない方が良いでしょう。

« 2, なぜこんなにやさしく禁煙できるのか | トップページ | 2、なぜこんなにやさしく禁煙できるのか ③ »

禁煙セラピーの感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2, なぜこんなにやさしく禁煙できるのか | トップページ | 2、なぜこんなにやさしく禁煙できるのか ③ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック